月刊誌「植調」Monthly magazine "SHOKUCHO"

キーワードで検索する

第51巻第10号
〈平成30年01月18日発行〉

巻頭言 雨を詠む

横山 昌雄

特集 水稲直播栽培の最近の動向

 変貌するわが国の水田農業と大規模経営の特徴

八木 宏典

 無コーティング種子の代かき同時浅層土中播種栽培

白土 宏之

 佐賀県におけるべんがらモリブデンを用いた水稲直播栽培と雑草問題

秀島 好知

 湛水直播栽培における初期除草剤の利用

三浦 恒子

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  蕗・苳・款冬・菜蕗(フキ)

須藤 健一

こんな雑草こんな問題 ヒゲガヤ

平田 めぐみ・浅井 元朗

平成28年度秋冬作野菜花き関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕 雑草のよもやま・第10回 ヒトとつながるカヤツリグサ科植物

森田 弘彦

第51巻第9号
〈平成29年12月14日発行〉

巻頭言 初めての除草剤試験

中野 雅章

特集 ニホンナシに発生する発芽不良の要因と対策

 発芽不良の発生要因について

阪本 大輔

 冬季の窒素施肥が発芽不良障害発生に及ぼす影響

井上 博道

 鹿児島県における発芽不良障害の発生状況とその対策-発芽不良障害の発生は窒素施用時期の変更により軽減できる-

坂上陽美

 露地栽培の発芽不良を軽減するための樹体管理法

岩谷章生

AgCelence® について

原勢 晶弘

〔統計データから〕 米の生産費①(作付規模別)

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  青深泥・青味泥・水綿(アオミドロ)

須藤 健一

こんな雑草こんな問題 外来の寄生植物アメリカネナシカズラとハマネナシカズラの移入個体群

早川 宗志・藤井 伸二

平成28年度冬作関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕 植物の不思議を訪ねる旅・第12回 イチョウの性転換

長田 敏行

第51巻第8号
〈平成29年11月16日発行〉

巻頭言 せめて光れや稲コシヒカリ

長澤 裕滋

緊急に防除技術開発が必要な畑作物と雑草種-農研機構作物保護試験研究推進会議雑草部会の報告-

澁谷 知子

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  烏麦・燕麦・茶挽草(カラスムギ)

須藤 健一

ニホンナシ‘あきづき’および‘王秋’に発生する果肉障害の特徴と軽減技術

三谷 宣仁

放置竹林の拡大とその対策

鳥居 厚志

ビーエー処理はアスパラガス,特に西南暖地でどう影響するか

池内 隆夫

栽培植物と雑草の間

山口 裕文

新薬剤紹介・メタミホップ

白水 健太郎

こんな雑草こんな問題 ヒレタゴボウ

徐 錫元

〔連載〕 道草・第11回 村中みんなで

渡辺政隆

平成28年度茶園関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔統計データから〕 花きの生産

第51巻第7号
〈平成29年10月23日発行〉

巻頭言 水稲除草剤試験の邪魔者ジャンボタニシ

大隈 光善

「食の安全」問題におけるリスクコミュニケーションの課題

松永 和紀

特集 トルコギキョウの栽培体系と技術開発の動向

 トルコギキョウの生産・消費と技術開発の動向

福田 直子

 トルコギキョウの寒冷地における栽培体系と技術開発

佐藤 武義

 温暖地におけるトルコギキョウの栽培体系と技術開発

近藤 孝治

 トルコギキョウ冬季生産における高昼温管理と組み合わせた二酸化炭素施用の活用

牛尾 亜由子

〔田畑の草種(くさぐさ)〕 広葉風鈴(酸漿・鬼灯・輝血)(ヒロハフウリンホオズキ)

須藤 健一

〔統計データから〕 気象災害による農作物被害

〔連載〕 雑草のよもやま・第10回 ヒトとつながるカヤツリグサ科植物―積雪地帯で栽培されたカンエンガヤツリ―

森田 弘彦

第51巻第6号
〈平成29年09月19日発行〉

巻頭言 創薬研究を通して思うこと

横田 因

ハイブリッドライス「みつひかり」について

吉村 明

イネ由来の新規除草剤抵抗性遺伝子HIS1 の作用機構解明による品種開発と新剤創製

HIS1 共同研究グループ

〔統計データから〕 平成28年度食料自給率38%に低下

水稲用除草剤を利用する上での全国の水田土壌について

小山 豊

田面の高低差がある水田でノビエに対する除草剤の効果安定化を目指して

大隈 光善

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  疣草・疣取草(イボクサ)

須藤 健一

〔連載〕 植物の不思議を訪ねる旅・第11回 フィールドでの出来事から

長田 敏行