月刊誌「植調」Monthly magazine "SHOKUCHO"

キーワードで検索する

第52巻第8号
〈平成30年11月22日発行〉

巻頭言 最近の多様性(ダイバーシティ)に想う

小路 口聡

日本に生育する水田雑草タイヌビエの由来 -水稲2型の地理的変異からの仮説-

保田 謙太郎

特集 ダリアの育種・栽培と技術開発の動向

 ダリアの育種・生産の現状と今後の展開方向

小野 崎隆

 寒冷地におけるダリアの栽培体系と技術開発

山形 敦子

 温暖地におけるダリアの栽培体系と技術開発

仲 照史

 ダリア切り花の品質保持技術

湯本 弘子

〔連載〕雑草のよもやま・第14回 ヒトとつながるカヤツリグサ科植物 ―ハマスゲ:最悪の雑草で優れた薬草,水田雑草の地方名の基にも

森田 弘彦

〔田畑の草種(くさぐさ)〕八重葎・勲章草(ヤエムグラ)

須藤 健一

第52巻第7号
〈平成30年10月25日発行〉

巻頭言 生活環境を正確に教えることの重要性

松本 宏

河川の堤防管理における堤防植生管理の方向性

山本 嘉昭

ブランド米生産への衛星リモートセンシングの活用

境谷 栄二

おいしいリンゴの長期供給ニーズに応えるエチレン作用阻害剤1-MCP

吉田 実花

定植したナシ苗木の初期生育を手軽に促進

戸谷 智明

新薬剤紹介 アタックショット

内海 誠

〔連載〕植物の不思議を訪ねる旅・第16回 植物画成立の系譜

長田 敏行

〔田畑の草種(くさぐさ)〕 畦菜・あぜ菜(アゼナ)

須藤 健一

〔統計データから〕平成30年集落営農実態調査② ―農地の集積状況と活動内容―

第52巻第6号
〈平成30年09月25日発行〉

巻頭言 集中豪雨等の被害に思う

大嶋 保夫

九州北部のムギ作におけるスズメノテッポウとカズノコグサの発生時期と種子生産の関係

大段 秀記

ブドウ‘シャインマスカット’をより皮ごと食べやすくするために

山口 俊春

水田の水管理における遠隔・自動制御システム

鈴木 翔

植物成長調整剤フルルプリミドールを用いた特定外来生物アレチウリの防除

津田 その子

〔研究会報告〕平成30年度緑地管理研究会開催報告

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕道草・第14回 道草キューピッド役はパヒュームしだい

渡辺 政隆

〔田畑の草種(くさぐさ)〕露草・鴨跖草・月草・着草・蛍草・帽子花・青花(ツユクサ)

須藤 健一

〔統計データから〕平成30年集落営農実態調査① ―構成する農業集落と農家数―

第52巻第5号
〈平成30年08月27日発行〉

巻頭言「農薬」の社会貢献とイメージ

影島 智

加工・業務用ホウレンソウにおける機械収穫体系

石井 孝典

早咲きサクラ品種へのシアナミド剤散布によって可能になる年末年始のお花見

松田 健太郎

複数農薬のミクスチャー環境下における生態リスクの評価法

永井 孝志

平成29 年度常緑果樹関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

技術部

平成29 年度秋冬作芝関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕雑草のよもやま・第13回 ヒトとつながるカヤツリグサ科植物―シズイ:自然環境下では弱者,水田では強害雑草―

森田 弘彦

〔田畑の草種(くさぐさ)〕 黒慈姑・荸薺・鳧茈・烏芋・久呂久和為(クログワイ)

須藤 健一

〔統計データから〕 平成28年主要部門の農業産出額(都道府県別)と特化係数

第52巻第4号
〈平成30年07月27日発行〉

巻頭言 美味しいイチゴ騒動

東野 純明

アメリカの雑草事情 その1 畑作

黒川 俊二

 その2 水稲作-雑草イネを中心に-

今泉 智通

ニホンナシ「幸水」のボルドー液による単為結果誘起と栽培への利用の可能

平塚 伸

〔研究ノートより〕 水稲用除草剤処理前に日照時間が多いとノビエに対する効果が低下しやすいか?

大隈 光善

こんな雑草こんな問題 ナガバオモダカ

森田 弘彦

〔研究所訪問記1〕日産化学株式会社生物科学研究所

小川 奎

〔連載〕植物の不思議を訪ねる旅・第15回 ケンペル-ツュンベリー-シーボルト その3シーボルト

長田 敏行

〔田畑の草種(くさぐさ)〕 荒地野菊(アレチノギク)

須藤 健一

〔統計データから〕農林水産関係試験研究機関基礎調査 ②研究職員等の年齢別・部門別・専門別割合