月刊誌「植調」Monthly magazine "SHOKUCHO"

キーワードで検索する

第54巻第4号
〈令和02年07月30日発行〉

巻頭言 道端で出会ったイタドリから思索に耽る

郡嶋 浩

《特集》植物ゲノム編集

植物のゲノム編集研究の推進とその利用 -植物ゲノム編集技術ワークショップの概要-

四方 雅仁・大島 正弘・田部井 豊

ゲノム編集農作物の開発状況と今後の展望

高原 学

植物ゲノム編集を行うための実際の手順

遠藤 真咲

ゲノム編集農作物の規制について

田部井 豊

ゲノム編集技術に関わる知財と植物分野における対応について

廣瀬 咲子・橋本 一憲

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  姫禊萩(ヒメミソハギ)

須藤 健一

統計データから 営農類型別の個別経営及び組織法人経営の経営収支

2019年度リンゴ・落葉果樹関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕 道草・第21回 雑草をつくる神の手

渡辺 政隆

第54巻第2号
〈令和02年06月23日発行〉

《 第2・3(合併)号 》 

巻頭言 コロナ禍が農業に及ぼす影響

矢野 博久

北海道における直播タマネギ生育初期の中耕除草とプロスルホカルブ乳剤の併用効果とタマネギへの影響

杉戸 智子

〔田畑の草種(くさぐさ)〕  稚児笹(チゴザサ)

須藤 健一

高速道路における外来雑草対策と課題

鬼束 大平・高橋 竜一・齋藤 南恵

トピック・「草魂碑」三基への思い

今井 秀昭

2019年度水稲作関係除草剤試験判定結果の概要

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

2019年度水稲関係生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

2019年度畑作関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕 雑草のよもやま・第20回 「水田の一年生イネ科雑草」への参入を開始したヌカキビ

森田 弘彦

第54巻第1号
〈令和02年04月21日発行〉

巻頭言 農業と環境保全の両立

宮下 淸貴

除草剤適正使用キャンペーンについて

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

キウイフルーツのエチレン誘導型成熟と低温誘導型成熟

久保 康隆

イソプロチオラン乳剤散布によるウンシュウミカンの果皮着色向上効果

荒牧 貞幸

トマトの放射状裂果の軽減剤の開発

佐野 大樹

〔田畑の草種〕紫雲英・翹揺・蓮華草(ゲンゲ)

須藤 健一

APWSS報告 SDGsから見た雑草管理 ー第27回アジア太平洋雑草科学会議に出席してー

與語 靖洋

2019年度春夏作野菜花き関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕植物の不思議を訪ねる旅 第22回 直感から繋がる植物学

長田 敏行

第53巻第12号
〈令和02年03月24日発行〉

巻頭言 日本の味

辻川 立史

ALS 阻害剤抵抗性イヌホタルイの簡易検定法とその利用による秋田県の発生実態調査

薄井 雄太

〔統計データから〕水田作経営における作付面積規模別の経営費

「東日本大震災により津波被害を受けた農地専用ラウンドアップマックスロードⓇ」の登録取得と無人ヘリコプターによる散布の記録

小池 龍也

〔田畑の草種〕屁糞葛・糞葛・屎葛・早乙女花・やいと花(ヘクソカズラ)

須藤 健一

静岡県内の水田畦畔およびナシ園におけるグリホサートおよびグルホシネート抵抗性ネズミムギの発生実態と防除対策

市原 実

〔シリーズ・野菜の花〕メロンの花

川頭 洋一

2019年度緑地管理関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕道草 第20回 瑠璃色の調香師

渡辺 政隆

第53巻第11号
〈令和02年02月13日発行〉

巻頭言 25kmの用水路

小澤 敏

水田作における過去30年間の雑草および薬剤作用機構の変遷 除草剤作用機作の変遷

濱村 謙史朗

地下水位制御システム(FOEAS)を用いた京都府特産豆類増収技術の確立

辻 康介

〔田畑の草種〕蓬・餅草・艾・指燃草(ヨモギ)

須藤 健一

イノシシ被害軽減のための除草剤等による電気柵下草の管理

松村 広貴・河名 利幸

〔統計データから〕過去最高を示した2019年の日本の年平均気温

〔シリーズ・野菜の花〕花粉を媒介する昆虫の生態から見たトマトの花

新村 芳美

2019年度春夏作芝関係除草剤・生育調節剤試験判定結果

公益財団法人日本植物調節剤研究協会

〔連載〕雑草のよもやま 第19回 ヒトとつながるカヤツリグサ科植物 ―マツバイ:抜群の知名度ながら衰退に,改良品種での復活は?-

森田 弘彦