トップページ
会員専用ページ
最近の話題から
雑草と雑草防除
植物の生育調節
「植調」誌
除草剤試験実施基準
会議開催案内
水稲除草剤技術指標
農耕地およびその周辺の雑草
技術情報
リンク
協会の紹介
申請書様式
メニュー
財団法人日本植物調節剤研究協会 トップページ 会員専用ページ  
最近の話題から 雑草と雑草防除 植物の生育調節
「植調」誌 会議開催案内 農耕地およびその周辺の雑草 リンク 申請書様式
除草剤試験実施基準 水稲除草剤技術指標 技術情報 協会の紹介  

雑草と雑草防除

雑草について



「雑草」とは?
雑草とは何かについてはいろいろな説明がありますが、大きくまとめると次の2通りの考え方があります。

人間にとって不利益になる植物
水田や畑の雑草を放っておくと作物が健全に育たず、収穫量が減ったり、品質が悪くなったりします。また、雑草は害虫の住みかとなったり、人間の活動のじゃまになったり、景観を悪くしたりします。こういった人間の活動に不利益を生じる植物を総称して雑草と呼ぶという考え方です。

人間の活動によって絶えず攪乱される土地に生えてくる植物
人の活動する場所では絶えず土の表面が動かされています。例えば作物を栽培するために土を耕したり、道路や建物を造るために土の表面を削ったりします。そうすると、人手の入らない高山や原生林の中、原野などに生育する植物とは異なった種類の植物が生えてきます。こういったものを総称して雑草と呼ぶという考え方です。

いずれにしても、雑草は、栽培している訳ではないのに、人間の周囲に勝手に生えてきて、時として人間に嫌がられながらも、人間のそばに好んで生活する植物だと言えるでしょう。


農業は雑草との戦い
作物を栽培する上では、雑草は大変やっかいな存在です。水田でも畑でも作物を栽培していると必ず雑草が生えてきます。雑草の種子は風や水の流れや、動物や人間によって運ばれて移動します。雑草が繁茂すると作物が必要とする土壌中の養分や水を奪ってしまったり、日光を遮り、作物の生育する空間を占領してしまったりして、作物の生育を著しく阻害します。その結果として収穫量が減ってしまったり、きちんとした生産物が収穫できなくなったりします。雑草を生やしたまま放っておくと収穫が皆無となることも珍しくありません。ですから、雑草を取り除く作業である「除草」は大変重要で、大昔から農業と切っても切り離せない関係にあります。
かつての農村部では腰の曲がったお年寄りを見かけることが多かったのですが、これは若い頃から腰を曲げて行う農作業が日常化していたことによるもので、その大半は草取り作業でした。現在では除草剤の普及などにより、除草作業は飛躍的に軽労働化して、腰の曲がった老人を見ることはまれになりました。


雑草防除の方法
雑草を抜き取る、刈り取る、枯らす、あるいは新たに生えないようにすることを含めて除草と呼んでいます。除草の方法には手取り除草、機械除草、生物除草、化学除草などがあります。

手取り除草
素手や鎌、鍬などの簡単な道具を使って雑草を抜き取ったり、根こそぎ刈り取ったりする方法です。大変な重労働で、かつてはこの方法しかありませんでしたが、現在では小規模な菜園や、他の除草法を補う目的で行われることがあります。

機械除草
文字通り機械を使って除草作業することです。例えば畑地ではカルチベーターなどの機械で作物の植わっている列(畝)の間の土を撹拌することで、生えている雑草を抜いたり、切断したり、土中に埋め込んだりして除草します。また、水田の周辺や果樹園、空き地などの非農耕地では刈り払い機を用いて雑草の地上部を短く刈り取ります。

生物除草
雑草を好んで食べる動物を放して雑草を防除したり、雑草を病気にする病原菌をまいて防除したりする方法などが考えられています。おもしろそうな方法ですが、問題点も多く、実用的と言うわけにはいきません。

化学除草
除草剤を用いて雑草を枯らしたり、生えてこないようにする方法です。現在では最も一般的な方法で広く用いられています。


日本の主な雑草
日本に生育する雑草の種類は数百種あります。雑草は種類によって好む環境が違うので、水田、畑地、非農耕地など、場所によって異なった種類が生育しています。また、雑草には種子で増え、一年で枯れてしまう一年生雑草と、地上部あるいは地下の一部が2年目以降も生き続ける多年生雑草とがあります。

水田の雑草
日本の水田によく見られる雑草の種類はそれほど多くはありませが、主なものは次のようなものです。これらは水をはった水田環境によく適応しています。

  [一年生雑草]
タイヌビエ、イヌビエ、タマガヤツリ、コナギ、ミズアオイ、アゼナ、アメリカアゼナ、アゼトウガラシ、ミゾハコベ、キカシグサ、ヒメミソハギ、タウコギ、タカサブロウ、アメリカセンダングサ、クサネム、イボクサ

[多年生雑草]
イヌホタルイ、マツバイ、ウリカワ、ミズガヤツリ、ヘラオモダカ、クログワイ、オモダカ、シズイ、コウキヤガラ、セリ、ヒルムシロ、キシュウスズメノヒエ、エゾノサヤヌカグサ

畑・果樹園・非農耕地などの雑草
生える雑草の種類は非常にたくさん有ります。地域や土壌条件でかなり変わってきますが、一般に畑では一年生雑草が主体で、果樹園や非農耕地では多年生雑草の比率が高くなります。

  [一年生雑草]
イヌビエ、メヒシバ、オヒシバ、エノコログサ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウ、カヤツリグサ、イヌタデ、オオイヌタデ、スベリヒユ、ハコベ、シロザ、ホソアオゲイトウ、イヌビユ、ナズナ、タネツケバナ、スカシタゴボウ、イヌガラシ、カラスノエンドウ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オランダミミナグサ、ヤエムグラ、ツユクサ、ハキダメギク、ノボロギク、エノキグサ、オオイヌノフグリ、イチビ

[多年生雑草]
チガヤ、イヌムギ、シバムギ、カタバミ、セイヨウタンポポ、ハルジオン、ヨモギ、オオバコ、シロツメクサ、コヒルガオ、エゾノギシギシ、ハマスゲ、スギナ

非農耕地の雑草
空き地や路傍などの農耕地でないところに生育する雑草は畑地の雑草と共通のものも多いのですが、全般に多年生雑草の比率が高くなります。

  [一年生雑草]
メヒシバ、エノコログサ、カモジグサ、カヤツリグサ、センダングサ、ヒメジョオン、ヒメムカシヨモギ、オオアレチノギク、ブタクサ、ノゲシ、オニノゲシ、ノボロギク、メマツヨイグサ、オオマツヨイグサ、オオイヌノフグリ、ツユクサ

[多年生雑草]
チガヤ、ススキ、オギ、イヌムギ、セイヨウタンポポ、キクイモ、ヨモギ、オオヨモギ、セイタカアワダチソウ、オオアワダチソウ、ハルジオン、ヒメスイバ、エゾノギシギシ、イタドリ、クズ、ヤブガラシ、コヒルガオ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、オバコ、スギナ
除草剤って何だろう?



除草剤とは?
除草剤は農薬の一種です。害虫を防除する殺虫剤、作物の病原菌を防除し作物を病害から守る殺菌剤などと同じように、作物の生育を妨害し収穫量や品質を低下させる雑草や、人間の生活の妨害となる雑草を防除する薬剤が除草剤です。植物を殺すことを目的にした薬剤ですから、多くの除草剤は動物や病原菌に対する作用はあまりありません。

除草剤の使用場面
水稲、畑作、野菜、花卉、果樹、茶園、桑園、牧野草地などほとんどの農業分野で除草剤が使われている他、芝などの緑地や、宅地、駐車場、道路、鉄道、公園、運動場などの非農耕地で除草剤が使われています。例えば、日本の水田では、ごく一部の無農薬栽培の水田を除けば、ほぼ100%除草剤が使われています。かつては2〜3回の散布が必要でしたが、現在の除草剤は性能が向上し、1回または2回の散布で十分な効果が得られるようになっています。

選択性除草剤と非選択性除草剤
除草剤には選択性除草剤と非選択性除草剤があります。

選択性除草剤
選択性除草剤は作物の栽培されている水田、畑に用いられ、作物には害がなく雑草だけを防除する薬剤です。例えば水田ではイネの生育には全く影響がないのに、ノビエや広葉の雑草は枯らしたり発生を抑えたりすることのできる選択性の高い除草剤が使われています。また、畑で用いられる除草剤のなかにはイネ科の雑草だけを枯らす除草剤もあります。こうした薬剤は豆類やいも類、野菜類などの広葉作物の中に混在して生えるメヒシバ等のイネ科雑草だけを枯らすことができます。

非選択性除草剤
非選択性除草剤は散布する場所に生育する雑草をすべて防除することを目的とした除草剤です。宅地、駐車場、道路、鉄道、公園、運動場などで有用植物を植えていない場所に使われる他、畑や水田では、作物にかからない周辺部分や畝と畝の間に用いたり、播種前や収穫後といった作物のない時期に散布したりします。


土壌処理剤と茎葉処理剤
除草剤には植物に直接かけるか、あるいは土を介して吸収させるかなどの違いから土壌処理剤と茎葉処理剤があります。

土壌処理剤
土壌処理剤は雑草がまだ生えていない土の表面に散布して雑草が生えてくるのを防止する除草剤です。薬剤は土壌の表面近くに処理層と呼ばれる層を作り、種子から伸び始めた雑草の芽や根から吸収されます。雑草は生育する前に枯れてしまうので、人目に付くことはありません。除草剤は微生物や光などが関与して分解されて行くので、やがて効果は失われます。効果の持続する期間は薬剤によって異なります。

茎葉処理剤
茎葉処理剤は雑草の地上部にかけることで葉や茎の表面から吸収され、雑草を枯らします。散布後、数時間以内に変色やしおれ等の症状の現れる即効的な薬剤から、はっきりとした効果が現れるのに一週間以上かかる遅効的なものもあります。


除草剤の製剤と使用方法

除草剤の製剤
除草剤は、その有効成分の働きを最大限に発揮しながら、しかも散布しやすいように、いろいろな形の製品に作られています。このことを製剤と言います。
製剤の種類としては、粉末状の水和剤、水溶剤、粉剤、液状の乳剤、液剤、フロアブル、粒状の粒剤、細粒剤、顆粒水和剤、固形または袋入りのジャンボ剤などがあります。
粒剤や水田用フロアブルのように製品をそのまま播くものと、水に溶いて散布機を使って散布するものがあります。
このうち水田では粒剤、フロアブル、ジャンボ剤などが主に使われており、畑地、樹園地、非農耕地などでは液剤、乳剤、水和剤、フロアブルなどの利用が主体となっています。

新しい製剤と省力的散布方法
最近、水田用除草剤では、短時間で楽に散布出来るような製剤と散布方法の開発が進んでいます。例えばジャンボ剤はゴルフボール大の固まりを水田の周囲から放り込むだけで水田全体の除草ができてしまう画期的な除草剤です。


除草剤の安全性

農薬登録と安全性評価
除草剤は農薬ですから、すべて農薬取締法に基づき農薬登録されています。登録の為には薬効・薬害の試験の他、種々の安全性評価試験や、有用動植物への影響、魚介類への影響などを調べる試験を行い、それらについての審査を受け、問題ないと判断される必要があります。

農薬登録の試験項目
(1) 薬効に関する試験成績 適用病害虫に対する薬効に関する試験成績(農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる薬剤にあっては、適用農作物等に対する薬効に関する試験成績)

(2) 薬害に関する試験成績 ア 適用農作物に対する薬害に関する試験成績
イ 周辺農作物に対する薬害に関する試験成績
ウ 後作物に対する薬害に関する試験成績

(3)毒性に関する試験成績 ア 急性経口毒性試験成績
イ 急性経皮毒性試験成績
ウ 急性吸入毒性試験成績
エ 皮膚刺激性試験成績
オ 眼刺激性試験成績
カ 皮膚感作性試験成績
キ 急性神経毒性試験成績
ク 急性遅発性神経毒性試験成績
ケ 90日間反復経口投与毒性試験成績
コ 21日間反復経皮投与毒性試験成績
サ 90日間反復吸入毒性試験成績
シ 反復経口投与神経毒性試験成績
ス 28日間反復投与遅発性神経毒性試験成績
セ 1年間反復経口投与毒性試験成績
ソ 発がん性試験成績
タ 繁殖毒性試験成績
チ 催奇形性試験成績
ツ 変異原性に関する試験成績
テ 生体機能への影響に関する試験成績
ト 動物体内運命に関する試験成績
ナ 植物体内運命に関する試験成績
ニ 土壌中運命に関する試験成績
ヌ 水中運命に関する試験成績
ネ 水産動植物への影響に関する試験成績
ノ 水産動植物以外への有用生物への影響に関する試験成績
ハ 有効成分の性状、安定性、分解性等に関する試験成績
ヒ 水質汚濁性に関する試験成績

(4)残留性に関する試験成績 ア 農作物への残留性に関する試験成績
イ 土壌への残留性に関する試験成績
水田除草剤の適正使用



適正使用と適切な水管理
農薬は、あらかじめ品質、効果、安全性、残留性などが、基準によりチェックされ、問題ないと判断された薬剤が農林水産大臣の登録を受け、販売、流通している。つまり、農薬登録を受けないものは農薬取締法のうえから販売してはならないことになっており、水田除草剤も同様である。
水田除草剤として製品に貼付されているラベルには効果・薬害、残留性等から設定された使用基準や使用上の注意事項が記載されており、その内容を遵守して使用する必要がある。
近年、水田除草剤は1キロ粒剤に加えて、ジャンボ剤、フロアブル剤、少量拡散型粒剤など多くの省力散布剤が開発され、そのため散布方法が多様化している。薬剤の特長や散布方法を十分に把握し効率よく利用したい。特に散布時および散布後数日間の水管理には十分注意を払う必要がある。水口や水尻の止水をきちんと行なうことは安定した除草効果が得られるばかりでなく水田水系外への除草剤成分の流出を防止するためにも重要となる。

  水口を止める[Movie:Windows Media Player]
水尻を止める[Movie:Windows Media Player]

水田除草剤は田植時期に水田系外の河川、湖沼でのモニタリングにより検出されることがあるが、使用者が使用基準にしたがって適正使用・管理することにより水田以外への除草剤流出は未然に防げるものである。省力資材としての除草剤の有効活用はもちろんのこと、使用者として環境に配慮した使用および管理法に注意を払うことも重要な課題である。
以下に、各種散布方法別に適切な水管理方法を解説した。



使用方法(各種散布方法と水管理)

除草剤散布時の水管理

1. 水田に投げ入れる、水田に小包装(パック)のまま投げ入れる
ジャンボ剤に対して記載されている。前者は塊型状のジャンボ剤に対し、後者は水溶性フィルムで包装されたジャンボ剤に対しての記述である。 散布時は圃場の湛水深を5cm程度とし、踵跡など田面が露出しない条件で投げ入れる。散布の目安は圃場面積が30a(幅30m×100m)以下の場合は圃場の周囲(畦畔など)を歩行しながら水田内に投げ入れるが、短辺側畦畔の長さが30mを越える圃場では、畦畔からの散布に加え中央に1条入って左右両側に投げ入れることにより除草効果の安定化を図る。散布時の注意事項としては、湛水深が浅い部分があると投げ入れた薬剤が土壌表面に座礁し、有効成分の分散に影響することがあるので注意する。また、散布時の水面に藻類や表層はく離の発生が多いと拡散が妨げられることがあるので、藻類の発生が多い水田では早めの散布を心がけ、多発している場合は散布しない。

2. 湛水散布
全面散布を前提とした1キロ粒剤や顆粒水和剤に対して記載されている。 1キロ粒剤では、散布時は田面が露出しないよう3〜5cm程度に湛水し、本田内全面に均一に散布する。全面散布には手で散布するか、背負い式動力散布機、電動散粒機、手回し散粒器などを使用する。機器を用いて散布する場合はあらかじめ吐出量など散布前の調整を行なったうえ、適正に使用する。 顆粒水和剤は専用ボトルを用い、「10a当り希釈液量」に記載されている水量で希釈・調整する。散布時は田面が露出しないよう3〜5cm程度に湛水し本田内全面に散布する。

  動噴による散布[Movie:Windows Media Player]
パイプダスターによる散布[Movie:Windows Media Player]


3. 原液湛水散布
フロアブル剤や一部乳剤に対して原液のまま湛水散布することを示している。 散布時は田面が露出しないよう5cm程度に水深を確保し、容器から直接本田内に散布する。なお、フロアブル剤や乳剤の希釈散布は拡散性能の低下による除草効果不足や、薬液が水稲茎葉部に付着することで薬害が発生する危険があるので絶対に行なわない。

4. 湛水周縁部散布
水田の周縁部に薬剤を散布して水田内全面を防除する方法である。少量拡散型粒剤や拡散性が付与された1キロ粒剤で適用性が実証された薬剤について使用できる。 散布時は5cm程度の湛水状態とし、畦畔などを歩行しながら本田内に手振り散布する。圃場面積が30a(幅30m×100m)以下の場合は圃場の周囲(畦畔など)を一周するだけでよいが、短辺側畦畔の長さが30mを越える圃場では、畦畔からの散布に加え中央に1条入って左右両側に散布する。 なお、散布時の水深が浅い場合や水面に藻類や表層はく離の発生が多いと拡散が妨げられることがあるので注意が必要である。特に藻類の発生が多い水田では早めの散布を心がけ、多発している場合は散布しない。

5. フロアブル剤や顆粒水和剤の畦畔からの散布
フロアブル剤や顆粒水和剤は湛水周縁部散布同様、畦畔から直接散布ができる。フロアブル剤は原液を、顆粒水和剤はあらかじめ調整した希釈液として使用する。 散布時は5cm程度の湛水状態とし、畦畔などを歩行しながら本田内に容器から直接手振り散布する。圃場面積が30a(幅30m×100m)以下の場合は圃場の周囲(畦畔など)を歩行するだけの散布でよいが、短辺側畦畔の長さが30mを越える圃場では、畦畔からの散布に加え中央に1条入って左右両側に散布する。また、散布時の水深が浅い場合や藻類が多発していると拡散が妨げられることがあるので注意が必要である。 なお、本散布方法は使用方法欄には記載がないが一般的な使用方法としてここに記した。

  フロアブル剤の散布[Movie:Windows Media Player]


6. 水口施用
圃場に散布する全量を入水時の水口に一気に投入する方法で、フロアブル剤や顆粒水和剤にこの方法が適用できるものがある。原則として1筆当り5〜6時間で水深5cm程度の湛水が可能な水田で使用する。 薬剤施用前に圃場がヒタヒタ水か湛水深1〜2cmの浅水となっていてもさらに水深3cm以上を入水する場合に、水口から勢いよく入水し、流入水上に必要薬量全量をいっきに投入する。薬剤がフロアブル剤の場合は原液をそのまま投入する。水口が複数ある場合は、それぞれの水口から適量を投入する。勢いよく入水を続け5cm程度の水深とした後は、水口をしっかり止め、水尻からのオーバーフローがないよう十分な注意が必要である。

7. 落水散布または極浅く湛水にして散布(茎葉散布)
散布時に圃場を落水状態とするかまたは極く浅水状態とし、十分に雑草茎葉部が水面上に露出する条件で茎葉散布する。 薬剤を一定量の水で希釈し、噴霧機器で雑草茎葉部に薬液が十分付着するよう散布する。散布後は少なくとも7日間はそのままの状態とし入水やかけ流しはしない。その後は通常の水管理とする。なお、散布時の落水が不十分で雑草茎葉部が水中に没した状態での散布では除草効果が劣るので十分注意が必要である。

8. 無人ヘリコプターによる散布、無人ヘリコプターによる滴下
無人ヘリコプターによる散布または滴下が可能であることを示している。無人ヘリコプターによる散布または滴下は農薬等を空中散布するという特殊な作業だけに、農林水産省で定めた指針により制限される。散布に当たっては操作技術や防除に必要な知識の教習が行なわれ、一般社団法人農林水産航空協会が交付する技能認定証が必要となる。また、散布は自治体や農協等に申し込み、散布日は田面が露出しないよう3〜5cm程度に湛水しておく。留意点の詳細については各薬剤の使用上の注意事項を参照されたい。


除草剤散布後の水管理

一般的に、湛水条件下で散布された除草剤の有効成分は水田土壌の表層に吸着されて除草効果を発揮する。安定した効果を得るためには、この処理層を破壊しない水管理が大切である。特に処理後7日間の管理が重要で、落水や畦畔からの漏出を防ぎ、かけ流しかんがいは行なわない。散布後4〜5日間は十分な配慮が必要であるが、その後は地域慣行の水管理を行なう。



Get Windows Media Player 動画を見るには「Windows Media Player」が必要です。
 
All Rights Reserved, Copyright ©公益財団法人 日本植物調節剤研究協会