トップページ
会員専用ページ
最近の話題から
雑草と雑草防除
植物の生育調節
「植調」誌
除草剤試験実施基準
会議開催案内
水稲除草剤技術指標
農耕地およびその周辺の雑草
技術情報
リンク
協会の紹介
申請書様式
メニュー
財団法人日本植物調節剤研究協会 トップページ 会員専用ページ  
最近の話題から 雑草と雑草防除 植物の生育調節
「植調」誌 会議開催案内 農耕地およびその周辺の雑草 リンク 申請書様式
除草剤試験実施基準 水稲除草剤技術指標 技術情報 協会の紹介  


水稲作 前のページへ戻る
題名 執筆者 発行年月
水稲不耕起栽培の試みと雑草防除 冨久 保男 27 2 11 H5.5
期待される技術革新の方向と課題  −稲作の省力化を中心に− 櫛渕 欽也 27 3 9 H5.6
早期栽培水田の稲刈り後における多年生雑草の繁殖と秋季防除 小山 豊 27 3 16 H5.6
二毛作水田における水稲除草剤の効率的使用法とそのローテーション 小林 和弘 27 4 15 H5.7
水田の藻類 −分類と生態−(1) 庵谷 晃 27 5 9 H5.8
水田の藻類 −分類と生態−(2) 庵谷 晃 27 6 19 H5.9
暖地水田に発生するヒメミソハギ属3種の形態的特徴 中山 壮一 27 10 18 H6.1
ジャンボ剤(通称)の散布労働強度に関する考察 竹下 孝史
則武 晃二
小林 恭
窪田 哲夫
28 1 11 H6.4
中山間地農業の現状と雑草防除 伊藤 夫仁 28 6 15 H6.9
日本産水田雑草アゼナ類について 森田 淳 28 6 21 H6.9
水稲の収量及び収量構成要素の調査方法について 楠田 宰 29 4 3 H7.7
東北地域の水田における除草体系の変遷と今後 荻原 武雄 29 4 10 H7.7
千葉県の大区画圃場における水稲の乾田直播栽培と雑草防除について 小山 豊 29 6 18 H7.9
シズイの防除 高橋 浩明 29 7 3 H7.10
水田に発生するイネ科多年生雑草の種類 森田 弘彦 29 8 5 H7.11
水田雑草の後次発生が水稲の収量に及ぼす影響 川口 祐男 29 9 3 H7.12
水田雑草コナギの生理・生態に関する研究の現状 小荒井 晃 29 9 10 H7.12
フロアブル剤の省力散布法 田中 良 29 9 18 H7.12
水稲用フロアブル剤と水管理について 日植調 29 12 12 H8.3
水稲乳苗に対する除草剤の薬害症状の特徴と差異 藤田 究 30 3 3 H8.6
長野県における生態系活用型水稲栽培技術 中澤 伸夫 30 5 3 H8.8
水稲湛水直播の技術開発の現状と方向 椛木 信幸 30 7 3 H8.10
水稲におけるアブシジン酸の処理効果 中嶋 泰則 30 7 9 H8.10
シズイ種子の休眠・発芽特性 住吉 正 30 8 10 H8.11
湛水土壌中直播における水管理の変遷 岡村 省三
井口 裕之
30 12 9 H9.3
東日本の各地における水田畦畔雑草防除の実態 除 錫元
高橋 聡
藤原 雅実
植田 靖彦
竹重 誠一
30 12 3 H9.3
雑草害の面から見た水田雑草の防除適期と防除必要期間 佐合 隆一 31 2 3 H9.5
水稲のハロー田植機栽培における冬生雑草の影響と防除 在原 克之 31 3 13 H9.6
兵庫県における水田雑草発生状況 須藤 健一 31 5 13 H9.8
難防除雑草「タウコギ」の防除 境谷 栄二 31 5 21 H9.8
北海道における水田雑草の発生状況 山崎 信弘 31 6 15 H9.9
寒冷地の水稲直播栽培における雑草防除 橘 雅明 31 7 11 H9.10
不耕起田直播栽培における乾田期間の除草剤処理時期の 有効気温による推定 北野 順一 32 2 11 H10.5
水稲湛水直播栽培における除草剤使用適期の推定法 酒井 究
佐藤 勉
32 3 24 H10.6
水田畦畔雑草管理の技術的問題点と今後の開発方向 村松 幸夫 32 3 13 H10.6
埋土種子の発芽法を主体とした水田雑草調査 金久保 秀輝 32 5 20 H10.8
宮城県石巻地方における雑草防除の実態 田中 良 32 9 10 H10.12
静岡県稲作研究会の歩みと稲作経営者の現状 木田 揚一 32 12 3 H11.3
浮遊性雑草ボタンウキクサの発生 児嶋 清 33 1 3 H11.4
座談会・ジャンボ剤正しく知って、正しく使おう 日植調 33 1 15 H11.4
水稲早期栽培でのイボクサの発生生態と防除 北野 順一 33 2 3 H11.5
愛知県における水稲不耕起乾田直播栽培技術の特徴・成果と課題 藤井 潔 33 3 9 H11.6
湛水直播栽培における米の食味について 尾形 武文 33 4 3 H11.7
福島県における水稲乾田直播栽培の雑草防除 半沢 伸治 33 4 9 H11.7
直播稲作の現状と推進方向 草野 浩一 33 5 3 H11.8
高知県の早期水稲における雑草の発生生態と防除技術 山崎 幸重 33 7 3 H11.10
除草剤連用による水田雑草の推移 一前 宣正 33 8 3 H11.11
水稲不耕起乾田直播栽培における雑草防除体系 杉本 真一 33 8 6 H11.11
キシュウスズメノヒエに関する最近の研究成果 住吉 正 33 9 3 H11.12
埼玉県における除草剤の使用実態と問題点 −水稲及び水田麦・大豆を中心として− 福田 和明 33 10 5 H12.1
雑草抑制力を持つイネの研究の現状 小荒井 晃 33 11 15 H12.2
麦播種機を利用した水稲の簡易代かき同時湛水直播栽培 三原 実 34 2 9 H12.5
麦用播種機を利用した水稲の湛水直播栽培法 竹牟禮 穣 34 2 17 H12.5
福島県の水田に現れた新帰化雑草ヌマツルギク 尾形 武文 34 5 9 H12.8
水稲移植栽培の省力化−ロングマット水耕苗の育苗・移植技術− 北川 寿 34 7 10 H12.10
拡散型除草剤(ジャンボ剤)の湛水深の違いによる有効成分の挙動 工藤 佳徳 34 10 3 H13.1
富山県におけるコシヒカリ直播栽培技術の普及について 山本 良孝 35 3 15 H13.6
愛知式不耕起乾田直播栽培における水稲出芽期の推定方法 吉田 朋史 35 4 8 H13.7
主要水田雑草の発生面積推定の試み 日植調研究所 35 5 19 H13.8
クログワイ防除の考え方 稲村 達也 35 6 8 H13.9
岡山県の水稲乾田直播栽培圃場で問題となる雑草イネ 石井 俊雄 35 8 3 H13.11
宮崎県における飼料イネ栽培の現状と課題 初山 聡 36 4 10 H14.7
水田雑草防除への米ぬかの利用について 中山幸則 36 5 16 H14.8
アゼガヤの生態と防除 児嶋 清 36 8 3 H14.11
コナギの発芽・定着特性に関する研究 松尾光弘 36 10 3 H15.1
飼料イネ品種の開発と栽培法のポイントについて 根本 博 36 10 11 H15.1
水田に発生する藻類の見分け方 村岡哲郎 37 2 7 H15.5
水田種子繁殖雑草の翌年発生数は水稲収穫期残草量から予測可能か 高柳 繁 37 4 3 H15.7
千葉県における早期栽培水稲の安定栽培法と生育調節剤の利用 渡部富男 37 4 12 H15.7
三重県における水田雑草の残草実態 神田幸英 37 5 3 H15.8
水稲群落下の田面における光環境の特徴―空間的に不均一な実態と日変化の概要― 西村誠一
伊藤一幸
37 5 10 H15.8
ネリカ米の開発と展望 金田忠吉 37 6 3 H15.9
長野県における雑草イネの発生状況と防除法 斎藤 稔 37 6 9 H15.9
ナタネ油粕と活性炭スラリーを組み合わせた水田雑草防除技術 高橋眞二 37 7 21 H15.10
アゼナ類の見分け方 廣田伸七 37 8 33 H15.11
寒冷地におけるタイヌビエの発生終期の推定とその除草剤散布指標への応用 内野 彰 37 11 11 H16.2
大規模水稲栽培における雑草防除の現状と課題 本多雅志 38 4 3 H16.7
田植機を利用した種籾接着型種子シートによる水稲湛水直播技術 玉城勝彦 38 7 3 H16.10
鉄コーティング湛水直播と環境保全 山内 稔 38 9 3 H16.12
田植機を利用したマット式水稲湛水直播栽培 桑原恵利・鳥居俊夫 38 12 11 H17.3
水田に発生するイネ科多年生雑草の萌芽特性と除草剤に対する反応 牛木 純・森田弘彦 39 8 3 H17.11
無人ヘリを使用した少量拡散型粒剤の散布 山内 敏美 40 6 19 H18.9
コウキヤガラの生態と防除 千葉 和夫 40 7 3 H18.10
塩素酸ナトリウム粒剤の水稲刈り跡処理がキシュウスズメノヒエならびにアゼガヤなどの埋土種子に及ぼす影響 須藤 健一 40 7 9 H18.10
飼料イネの技術開発と普及の現状 吉田 宣夫 40 7 15 H18.10
除草剤を使用しない水田雑草防除法検索システム開発の試み 大場 伸一 41 6 20 H19.9
国内に発生する雑草イネの現状と今後の課題 牛木 純 41 7 4 H19.10
簡易GPSを利用した宮城県における水田難防除雑草の発生状況調査 大川 茂範 41 7 10 H19.10
福島県浜通り地域の乾田直播水稲におけるイボクサの発生生態と防除法 島宗 知行 41 8 3 H19.11
水稲乾田不耕起直播栽培における冬作緑肥作物の効果 金森 伸彦 41 8 9 H19.11
暖地飼料イネ栽培における雑草研究の現状 小荒井 晃 41 10 3 H20.1
有機稲作における生産性と除草問題 片野 學 41 12 3 H20.3
技術情報 水稲湛水直播用苗立促進剤カルパー粉粒剤16の簡易なコーティング法 村岡 哲郎・
安齋 達雄
42 1 20 H20.4
ジャンボ剤現地試験のとりくみ 日植調 42 4 25 H20.7
秋田県における雑草防除の現状と課題 三浦 恒子 42 7 3 H20.10
山形県における雑草防除の実態、問題になっている雑草について 今川 彰教 42 7 7 H20.10
福島県の水稲直播栽培における雑草の現状と対策 荒井 三千代 42 7 11 H20.10
富山県における水田雑草防除の現状と問題 守田 和弘 42 9 19 H20.12
水田土壌における土壌還元が雑草の生育に及ぼす影響 野副 卓人 42 10 3 H21.1
長野県に発生した雑草イネ(雑草性赤米)における難防除特性の解析および総合的防除システム構築への方向性 細井 淳 42 12 3 H21.3
千葉県における難防除雑草コウキヤガラの防除試験 大内 昭彦 43 3 11 H21.6
長野県における水田雑草防除技術の課題とその対応 酒井 長雄 43 3 15 H21.6
サツマイモを原料とした焼酎廃液濃縮液の水稲栽培への利用研究 住吉 正 43 4 13 H21.7
滋賀県における環境こだわり水稲栽培と水田雑草防除技術 鳥塚 智 43 4 28 H21.7
京都府における水稲の雑草防除の現状と問題 大橋 善之 43 4 32 H21.7
日本におけるイネのバイオエタノール化 塩津 文隆 43 5 3 H21.8
北海道での雑草防除の実態と問題になっている雑草について 楠目 俊三 43 5 18 H21.8
鳥取県における水稲の雑草防除の現状と問題 福見 尚哉 43 5 23 H21.8
山口県における水稲の雑草防除の現状と問題 藏重 宏史 43 5 27 H21.8
植物体の粉末を利用した水田雑草の防除効果 石塚 明子 43 6 8 H21.9
徳島県における水田雑草の現状と問題 小牧 和仁 43 6 15 H21.9
香川県における雑草防除の現状と問題 安田 英樹 43 6 19 H21.9
高知県の雑草防除の現状と問題 王 恵子 43 6 23 H21.9
福岡県における水稲の雑草防除の現状と課題 宮崎 真行 43 7 17 H21.10
佐賀県における水田雑草防除の変遷と今後の雑草防除に望まれること 市丸 喜久 43 7 24 H21.10
大分県における水稲の雑草防除の現状と問題 吉田 茂敏 43 7 30 H21.10
広島県の水稲作における雑草防除の現状と問題点 保科 亨 43 8 26 H21.11
飼料イネ種子の越冬後の発芽・出芽能力 太平 陽一 43 9 18 H21.12
福島県浜通りの乾田直播栽培における乾田期間中の雑草防除 佐々木 園子 43 10 9 H22.1
兵庫県の水稲湛水直播栽培における雑草防除対策 牛尾 昭浩 43 10 14 H22.1
水稲に及ぼす温暖化の影響と対策技術
〜西日本を中心とした実態・要因・対策〜
森田敏 43 12 3 H22.3
平成21年度 水稲関係生育調節剤試験判定結果 日植調 43 12 18 H22.3
水稲用除草剤の田植同時処理
−農薬ラベル表示と適切な使用方法−
濱村 謙史朗 44 3 10 H22.6
「田植え同時処理に対する市場調査結果について」 柳澤 大介 44 3 15 H22.6
水稲用除草剤の直接散布省力製剤の技術動向 大川 哲生 44 4 3 H22.7
暖地水田におけるアゼガヤの発生状況と湛水による防除効果 住吉 正 44 4 19 H22.7
飼料用稲(WCS)栽培における効率的な雑草防除 渡邊 麻由子 44 5 29 H22.8
水田雑草イヌホタルイの発生がアカスジカスミカメによる斑点米被害に与える影響 加進 丈二  44 6 24 H22.9
中山間地における基盤整備後の畦畔植生の特徴と分類 渡辺 修・大谷 一郎・
日鷹 一雅
44 7 3 H22.10
鹿児島県におけるスルホニルウレア抵抗性ウキアゼナの発生状況と防除対策 緒方 寿明 44 7 15 H22.10
水田の機能の多様化 中 達雄 44 8 25 H22.11
福井県における水稲湛水直播の現状と課題 土田 政憲 44 9 3 H22.12
水稲用除草剤開発・普及状況の推移 その1 竹下 孝史 44 12 3 H23.3
水稲鉄コーティング直播栽培の現状と今後の方向 宮越 彊 45 1 18 H23.4
水稲用除草剤開発・普及状況の推移 その2 竹下 孝史 45 1 29 H23.4
水稲用および畑作用新規除草剤
メソトリオン
榎吉 寿夫 45 2 11 H23.5
多用途向け水稲の新品種ならびに栽培技術開発の動向  松村 修  45 7 3 H23.10
減水深からみた砂壌土水田における除草剤の反応 田中 十城 45 7 12 H23.10
鉄コーティング種子を用いた水稲の直播における水管理と病害虫・雑草問題 山内 稔 45 8 3 H23.11
佐賀県における水田雑草コウキヤガラの発生生態と防除 牧山 繁生 45 10 24 H24.1
水稲用除草剤の河川流域における挙動予測モデル(PADDY-Large)の開発 稲生 圭哉 45 11 13 H24.2
青森県における難防除雑草シズイの生態と防除 石岡 将樹 45 12 18 H24.3
水稲の高温登熟障害と早期警戒システム 脇山 恭行 46 2 16 H24.5
山形県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草の発生実態ーオモダカを中心とした調査ー 松田 晃 46 6 20 H24.9
浅耕播種、不耕起播種を活用した除草剤抵抗性スズメノテッポウの総合防除技術 大段 秀記 46 10 3 H25.1
水稲湛水直播栽培におけるピラゾレート粒剤少量散布を用いた雑草防除体系 三浦 恒子 46 10 19 H25.1
水稲生育調節剤試験に適用可能な収量・収量構成要素,節間長の調査法 伊田 黎之輔 46 10 28 H25.1
「農」の現場で生物多様性を保全するためには?
ー水田生態系の雑草群落を例にー
大黒 俊哉 46 11 3 H25.2
植物の高温障害による雄性不稔の発生メカニズムとオーキシン 東谷 篤志 46 11 15 H25.2
多用途向け水稲の多収獲栽培研究について  吉永 悟志 46 12 3 H25.3
暖地の飼料用イネ2回刈り直播栽培における雑草防除 小荒井 晃 46 12 14 H25.3
カンボジアの水田雑草−多様性・管理・利用− 鴨下 顕彦 46 12 22 H25.3
水田におけるクサネム種子の動態 福見 尚哉 47 1 4 H25.4
水稲直播栽培の現状と展望 古畑 昌巳 47 2 3 H25.5
Web版水稲出穂期・成熟期予測システム 須藤 健一・牛尾 昭浩・
吉田 智一・高橋 英博・
寺元 郁博
47 3 20 H25.6
蒸気除草機処理による雑草イネ種子の死滅効果 酒井 長雄 47 4 17 H25.7
兵庫県の水田でみられるいくつかのイネ科葡匐性雑草ー兵庫県における水田雑草発生状況調査結果からー 須藤 健一 47 11 3 H26.2
北海道の水稲直播栽培と雑草防除 楠目 俊三 47 12 24 H26.3
山形県の水田における除草剤処理適期の推定 松田 晃 48 1 4 H26.4
秋田県におけるアカスジカスミカメムシの発生状況と防除対策−水田内に発生する雑草種に応じた防除について− 高橋 良知 48 1 13 H26.4
冬季のDBN散布で夏季の斑点米対策 高岡誠一 48 6 16 H26.9
兵庫県における水田雑草発生状況の30年間の変化 須藤健一 48 7 33 H26.10
水田農業の低コスト化技術 渡邊好昭 48 8 14 H26.11
雑草イネ−発生と被害の現状と対策− 渡邊寛明 48 9 3 H26.12
特集 飼料米の栽培とノビエ対策   48 10 3 H27.1
飼料用米栽培の現状と今後 吉永悟志 48 10 3 H27.1
飼料用イネ品種の除草剤感受性 黒木 慎 48 10 9 H27.1
寒冷地の稲発酵粗飼料生産におけるタイヌビエの許容残草量 橘 雅明 48 10 13 H27.1
北海道の1ha区画水田における水稲除草剤フロアブル剤水口施用の実用性実証試験 徐ら 48 11 20 H27.2
特集 水稲の直播栽培   49 2 2 H27.5
湛水直播栽培での除草剤による雑草防除 濱村謙史朗 49 2 2 H27.5
産業用無人ヘリを利用した水稲鉄コーティング湛水直播栽培 白土宏之 49 2 10 H27.5
宮城県における無人ヘリコプターを利用した水稲直播栽培 菅野博英 49 2 16 H27.5
水稲鉄コーティング直播栽培における雑草防除の現状と課題 宮越 彊 49 2 21 H27.5
水稲直播栽培技術の開発史 濱村謙史朗 49 2 26 H27.5
コナギはなぜ水田に繁茂するのか 竹内安智・横田孝雄 49 6 2 H27.9
石灰窒素施用による漏生イネの発生低減 大平陽一 49 7 7 H27.10
雑草種を評価対象としたイネのアレロパシー研究 松尾光弘 49 8 2 H27.11
九州地域のクサネムおよびアメリカセンダングサの開花特性 小荒井晃 49 9 2 H27.12
雑草ヒエの葉齢推定指標としての積算有効温度 森田弘彦 49 10 2 H28.1
水稲除草剤試験からみたノビエの葉齢進展の変化 濱村謙史朗 49 10 11 H28.1
 
All Rights Reserved, Copyright ©公益財団法人 日本植物調節剤研究協会